禁煙外来の費用と効果をまとめてみた

この記事は3分で読めます

禁煙を始めるのに最も有力と言われている、

 

禁煙外来

 

私は利用していませんが成功率が8割との噂があるこの禁煙外来。

果たしてその実態は?ということで調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

費用はおおよそ2万円(ただし初回に限る)

 

今回調べたのは禁煙グッズにチャンピックスを使うパターンです。

費用はこちらを参考にしています。

→医療法人出水クリニックHP

 

費用は12週間分の合計で2万ほどと、それなりの値段ですね。

一日二箱ペースの人だと一ヶ月分なのでお得といえばお得な気もしますが(笑)

 

ちなみに禁煙外来の保険適用には基準があり、

 

  • ニコチン依存症のチェック
  • 一日の平均本数*これまでの喫煙年数チェック
  • 禁煙したいと思う意思
  • 禁煙治療を受けることに文書で同意

 

この4つが必要なのですが、一番のハードルは本数でしょうね。

 

一日の平均本数*これまでの喫煙年数が200を超えないと保険適用外ということですが、

私の場合だと、

 

一日10本*8年=80

保険適用ライン=200

 

全く足りない・・・

 

やっぱりヘビースモーカー向けの制度なのかなと感じてしまいますね。

 

ちなみに保険なしの費用はおよそ、

 

三ヶ月で6万4千円

 

ほどになります。

三ヶ月かけて禁煙していくので、一日二箱ペースのヘビースモーカーだとこれでも元は取れますが。

 

 

 

ここで大事なのは禁煙成功率ですよね。

少し前の資料ですが面白い資料があったのでこれを参考に。

→厚生労働省の禁煙成功率の実態調査報告書

 

禁煙外来に訪れた人が最後まで受診を続ける確率は 65%

5回目の受診を受けた人のの4週間以上禁煙している確率は 78%

5回受診した人が9ヶ月後に禁煙している確率 49%

 

ふむ・・・

 

おおよそ32%ですね。

途中で病院に行くのをやめた人が自力で禁煙に成功しているのも考慮すれば、

 

40%以下

 

これが禁煙外来の禁煙成功率です。

独断と偏見で語弊を恐れずに言えば、

所詮は依存体質の人が行く所の数値と言った印象です。

お金を払ってどうにかしてもらおうと思う人が禁煙外来に行くのでしょう。

 

何かに頼らないと禁煙できない依存体質だと、

どうしてもこのくらいの成功率にしかならないということなんでしょうね。

 

依存する先がタバコから病院になっただけで、

結局誰かにどうにかしてもらいたいという根本的な意識があるので、

フラッシュバックに耐えられるわけはないんですよね・・・

それがこの成功率に現れていると感じます。

 

禁煙外来に行っても行かなくても楽に禁煙することは可能だが、まずは依存体質を直さないと何も出来ない

 

私はチャンピックスを服用したことがないので、

副作用がどの程度出るのかは正直分かりかねます。

 

口コミを見ている限りでは割とキツめの副作用があり、

中には、

 

これなら普通に禁断症状と戦ってたほうがマシなんじゃ・・・

 

と思うような症状も見られます。

 

この副作用のお陰で途中でやめてしまう人も多いよういなので、

私はチャンピックスは全くオススメしません。

 

そもそもタバコをやめるということは、

 

「何かに依存することをやめる」

 

と同じことだと考えています。

 

その依存する先がタバコから病院(チャンピックスやニコチンパッチ・ガム等)になっただけでは

何の解決にもなりません。

 

意思と考え方・意識は似ているようで全く別物です。

 

まずは自分の根底の意識をタバコを必要としない方向に持っていく事が重要で、

それさえ出来てしまえば禁煙グッズはハッキリ言って不要なんですよ。

 

でもこの根底の意識を変えることはあなたにしか出来ません。

あなたはどうやったら自分がタバコの呪縛から逃れられると思いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール