禁煙を続けるコツ「タバコの存在を忘れる」

この記事は2分で読めます

禁煙に成功してもまた吸ってしまうかもしれないと不安に思うあなたに。

 

今回は、

 

禁煙のコツ

 

というテーマでお話していきます。

 

スポンサーリンク

 

タバコを吸っていたということを忘れれば「禁煙は99%成功」

 

煙で一番失敗する可能性が高い状態というのが、

我慢して禁煙しているという状態です。

 

いや、禁煙は我慢するのが普通でしょ?と思うかもしれませんが、

私は今回の禁煙はあまり我慢した記憶がありません(笑)

 

我慢しない禁煙で一番重要なのは、

 

タバコを思い出させる存在を視界の範囲に置かない

 

ということだと考えています。

 

目の前にタバコを思い出させる物、例えばライターとか灰皿、

そういうものがあると

 

「今自分はタバコを吸うのを我慢しているんだ」

 

と潜在意識で感じてしまいます。

 

すると欲しいけど吸ってはいけないという我慢の状態になり、

この状態がストレスになったり誘惑になったりするんです。

 

自分の身の回りをタバコを吸っていない人と同じ環境にする。

これは単純ですが、意外と難しい、

そしてかなり効果の高い方法です。

 

普通に考えれば我慢していないので誘惑もストレスもない。

誘惑もストレスも無いということは失敗する理由はないですよね。

 

この簡単なことに気がつけたおかげで、

私は楽に禁煙することが出来ました。

 

環境を一気に変えたほうが成功率は高い

 

社会人になると環境を変えることに億劫になりがちですが、

正直喫煙者だった頃の私の習慣と環境はあまり褒められたものではなかったです。

 

そんな私がまず始めたことは、

 

  • タバコとライターは持ち歩かない
  • タバコを買えるだけの所持金は持ち歩かない
  • タバコを売っている所(コンビニや自販機)には行かない
  • 飲みも極力避ける
  • 水を常に携帯しておく

 

これくらいです。

どれも非常に簡単に出来る事ですね。

お金をかけずに禁煙したい!という人には、

この習慣をつけることをオススメしています。

 

昼食はランチを買いに行くという人も、家で予め作って持っていくという習慣に変えてみたり、

コンビニに毎朝行っていたという人であれば、そのルートは使わない等など、

この2つを実行するだけでタバコを入手する手段が無くなるので、

物理的に吸うことが出来ないんですよ。

 

ないものは吸えないし、

日が経てばタバコというものの存在が頭のなかから消えていってしまいます。

こうなってしまえば禁煙はほぼ成功です。

 

あとはもらいタバコをしたいという衝動だけが問題ですが、

これはさすがに我慢するしか無いです(笑)

水を飲んで乗り切っちゃいましょう。

 

正直喫煙していた時の習慣や食生活は、禁煙後に歪みとなって体に負荷になってきます。

これはそもそも喫煙者の行動が不健康だった、ということです。

 

私は体に悪影響が出る行動を減らすこと=パフォーマンスを上げて健康的に快適に暮らす事を目標にしたので、

今は昔とは逆に健康オタクに片足を突っ込んでいます(笑)

 

習慣を変えて体を健康になる方向に持って行くと、

不調や禁断症状もほとんど感じなくなります。

 

これも今までの生活がどれだけ乱れていたかの証明ということになってしまいますね・・・

 

もしあなたが禁煙をしていて体調が悪い、ぼーっとしたり集中力が上がらない、と悩んでいるのなら、

健康に焦点を当ててみることが快適に生活していく第一歩になりますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール