禁煙に成功しました!という定義について

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、

 

「禁煙の成功の定義」

 

このテーマについて考えてみました。

一口に禁煙に成功と言っても、なにをもって成功というのか?

という少し哲学的なことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

半年継続出来ても1割の人は失敗する

 

はい、私のことです(笑)

 

この頃の私はもう禁煙は成功したと思っていました。

なので試しに1本吸ったくらいでは元に戻ることはないだろう、とも思っていました。

 

実際にはまだまだ吸いたいと思うことがあり、

それを多少我慢している状態だったのは覚えています。

 

この状態、このままで禁煙成功しているといえるのか?

恐らくこの状態で1年を突破しても、どこかできっかけがあれば吸っていたと思います・・・

 

じゃあ何を持って禁煙に成功したといえるのか?

私がよくこのブログで言っている事ですが、

 

「タバコの存在を忘れる事ができれば禁煙成功」

 

これが今の私の禁煙に成功したという定義です。

 

意識というのは恐ろしいもので、

きっかけさえあれば考えがコロッと変わってしまいます。

 

禁煙したいと考えている人は、

 

「タバコがないと不安でしょうがない」

 

と考えている人が多いと思います。

 

でもその状態で禁煙したとしても、

不安な状態を解消出来ていないので、どうしても自分に我慢を課してしまうんですね。

 

もちろん意志の強い人ならそれでも十分禁煙できるでしょうが、

私のようにあまり意思の強くない人にはなかなか辛いところがあります。

 

周りが非喫煙者だけという珍しい環境であれば、

それでも十分禁煙出来ると思いますが、

周りが誰もたばこを吸わないという環境は珍しいでしょうね。

 

一番最悪なのは周りが全員ヘビースモーカーの場合です(笑)

同じ禁煙をするのにも、こういう環境の違いで成功率は全く違ってきます。

 

周りがヘビースモーカーだらけだと、

どうしてもタバコの存在を意識してしまうので、

我慢でストレスになっちゃいますよね・・・

 

幸い私の家族は誰もタバコを吸わず、

職場でもタバコミュニケーションと呼ばれるものは避けるようにしたので、

普段の生活でタバコに触れる機会というのは全くありません。

 

もちろん外出先や職場での生活習慣を自分で意識して変えたというのはあります。

コンビニにいけばレジの前にタバコが置いてあって、見てると欲しくなる。

休憩中に喫煙所でおしゃべりしているとたばこを吸っているのが目に入る。

 

ならどうするか?

 

その場に行かなければいいだけ

 

簡単ですね。

 

逆にこの環境を作ることが出来てしまえば、

少々もらいタバコしたくらいでは喫煙習慣は復活しません。

 

なので禁煙に成功したい!と考えているのであれば、

まずは自分の行動をタバコから遠ざける。

この行動を意識すれば自然と禁煙する方向に意識が向かっていきます。

 

あなたの身の回りで目の前にあるタバコを意識させるもの。

どうやって遠ざけるのがいいと思いますか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール