離煙パイプで禁煙出来るか友人で試してみた七日目

この記事は2分で読めます

友人に離煙パイプを実践してもらってちょうど一週間が経ちました。

最初はあまり乗り気では無いみたいでしたが、

だんだん意識が変わってきたみたいですね。

 

スポンサーリンク

 

今日のLINEでのやりとりです。

 

写真 2014-11-11 21 27 36

 

先週の平均が12本くらいだったのですが、

今日は本数が一桁になってますね。

 

彼の場合は離煙パイプを実践してみて、

思ったより楽だなという印象を受けたらしいです。

 

禁煙に向けての本番は20日目以降になるので、

それに向けての準備という意味でも本数を減らすのはいいですね。

 

パイプを使用せずに一本吸ってみると?

 

タバコを吸った時の開放感というのは、

ニコチンが切れた時に補充すると生まれます。

 

よく禁煙してみたけど一本吸ったら、

そのまま元に戻ってしまったという話を聴くと思います。

私も体験したことがあります(笑)

 

 

タバコを吸った時のいい気分というのは、

悪くなった体調が回復した時に起こる物と一緒で、

例えるならトイレを限界まで我慢して、

そのあとトイレに行ってスッキリするのが気持ちいいと思う感覚と同じです(笑)

 

離煙パイプを使ってニコチンの摂取量を減らしていけば、

自分でも気がつかないくらいのスピードで、

体の中のニコチンの量が減っていきます。

 

だんだん吸う前と吸った後の差が無くなってきて、

最後には吸っても何とも感じなくなる程度までニコチンが減っています。

 

 

なので、パイプを使わずに吸ってしまうとその落差が元に戻って、

タバコが美味しいと感じてしまって、一からやり直しになります。

やり直しになるだけならまだいいのですが、大抵の人はやめてしまいます。

 

 

基本的にニコチンが切れると体調が悪くなっていると思って下さい。

その体調が悪くなったのをニコチンで元に戻してリフレッシュしたと感じる、

いわば、飲まないと風邪をひく風邪薬です。

飲んだら治る訳ではないんです。

 

 

なので一度離煙パイプを使って禁煙すると決めたら、

二度と普通にタバコは吸わないと自分で決めることが必要になってきます。

 

よくあるパターンなのが、

離煙パイプを持っていくのを忘れたから普通に吸ってしまった。

というパターンだと思います。

 

正直このパターンで失敗するのが一番悲しいですが、

もし忘れてしまったら我慢するくらいしか対策がないですからね・・・

 

 

なのでもし普通に一本吸いたい!と思っても、

禁煙したいという思いがあるならその一本、諦めましょう!

 

 

→離煙パイプで禁煙出来るか友人で試してみた6日目

 

→離煙パイプで禁煙出来るか友人で試してみた8日目

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。