禁煙は何回か挫折するぐらいがちょうどいいという話

この記事は3分で読めます

今日は禁煙についての心構えを少しお話ししていきます。

 

タイトルの通りお題は、

 

「禁煙は何回か挫折するくらいがちょうどいい」

 

というお話です。

 

スポンサーリンク

 

 

何故人は禁煙に挫折してしまうのか

 

 

まずそもそも、なぜ人は禁煙を志して挫折してしまうのかをお話していきます。

 

これは非常に簡単なことで、

「タバコが欲しいと思う気持ちを我慢しているから」

という理由です。

 

欲しいという気持ち=依存という考え方をすると、二つの視点から考えることができます。

それが、

  • 肉体的依存
  • 精神的依存

この二つです。

 

俗にいうニコチン依存症というのは主に肉体的依存のことを指している言葉ですね。

 

これについては別の記事を書いているのでこちらをご覧ください>「アセチルコリンが無くなるから禁煙したくなくなる」

 

問題は精神的依存の方です。

こちらは肉体的依存に比べるとかなり厄介なのです。

 

肉体的依存 2:8 精神的依存

 

タバコへの依存というのはこのくらいの比率で起こっていると考えています。

 

 

禁煙したことのある方なら分かるかと思いますが、

喪失感というか満たされない気持ちになったりしたりして、

その気持ちをどうしても解消したくてまたタバコを吸ってしまう、

というパターンは挫折の原因ナンバーワンなのではないでしょうか?

 

 

深層心理で言えばタバコが無くなる不安や恐怖に由来している感情ではないのか?

と私は考えていますが、だからこそ一度チャレンジしてみるのは大事だと思います。

 

 

近くに灰皿や吸える場所が無かったら不安になったり焦ったりしませんか?

今すぐ吸うわけではないけど、手元にタバコが無いと不安になりませんか?

 

 

今までやっていた習慣を変えるのは思っている以上にエネルギーのいる行動です。

しかもタバコはもっと吸いたくなるように設計されている物です。

なので精神依存が強ければ強いほど挫折してしまう可能性が上がってしまうのです。

 

 

ちなみに精神依存が少ない人だとあっけなく成功してしまうみたいですよ。

(私の友人にも一人いました)

 

何故挫折したほうがいいのか

 

私も何度か禁煙を挫折したことがあります。

だからこそ言えることもありますが、禁煙したことのない人は何も考えなくてもいいのでとりあえず禁煙してみるべきです。

ガムでごまかすとか飲み物でごまかすとか、そういうのは一切抜きにして、ですね。

 

2.3日何も無しで禁煙できてしまえば、まずはそれでいいと思います。

(さすがに一日持たないのは論外ですが・・・)

 

 

まずはタバコを吸わなくなった時に、

 

  • どのタイミングでほしくなったか
  • その時の感情はどんな感じだったか

 

ということを大体でいいので覚えておきます。

 

割と多いパターンが

 

  • 朝起きた瞬間
  • 飯を食べた後
  • 休憩中
  • トイレ中
  • 飲酒中

 

この辺りでしょうか

 

 

その時の感情が喪失感だったり不安だった場合には精神依存なので、

代わりの物を用意する必要があるかもしれません。

 

イライラだったりする場合はニコチン切れによる肉体的依存なので、

それは我慢するのがいいでしょう。

 

と、こんな感じに一度禁煙してみると対策をするのが楽になります。

 

このことに気が付ける人はあまりいませんが、

禁煙なんてなるべく楽をするようにやればいいのです。

 

 

 

我慢なんてする必要はありませんし、我慢するようだと続きません。

 

例えるならダイエットに似ているかもしれませんね。

 

何も考えずに食事を抜いてみたり

、とりあえずランニングをしてみたりなど、

大半の人はつらくて成功していないはずです。

 

もし仮に体重が落ちたとしてもリバウンドする可能性が非常に高いです。

(最近筋トレや体重管理についても勉強し始めたのでそれなりには知っています(笑))

 

 

 

結局何が言いたいかというと、

「辛い事が失敗するのは当たり前の事」

ということです。

 

禁煙に失敗している多くの人は、この、

 

「楽をするということのベクトルを間違えている」

 

のです。だから失敗しているんです。

 

 

吸いたい気持ちを紛らわせるのではなく、タバコを欲しがらない身体と頭にするのが先なんです。

もちろんこの欲しがらない身体と頭にするというのはやり方が人それぞれ違っています。

十人十色だと思います。

 

が、この目標さえクリアしてしまえば、生涯タバコに興味すら沸くことなく過ごすことが出来ます。

今の私の状態がそうなのですが、この状態になってしまえば、多少吸ってみたところでまた吸いたいとは全く思わなくなります。

(たまに試しにもらってみることもありますが、不味いですね・・・)

 

何も我慢していませんし、煙草に対しての興味もほとんどなくなってしまいましたね。

 

今後このタバコを欲しがらない身体と頭にする方法はコンテンツとしてまとめていきたいと思いますが、

まずはこのことを目指していく、というのを覚えておけば自分だけでタバコとおさらば出来るようになると思いますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール