タバコに害が有るとか無いとかいう議論が必要あるのかどうか

この記事は1分で読めます

今回のテーマは、

 

「本当にタバコに害が有るのか?ということに対して議論する必要があるのかどうか」

 

ということに私なりの意見を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

そもそも統計データを見る必要すらあるのかどうかという話

 

禁煙というキーワードで検索すると、タバコの煙に害が有るとかないとかという議論が至る所で行われていますね。

確かにデータは人々を納得させるためには重要な要素だと思います。

有害派も無害派もそれぞれ考えるところがあるでしょうからね。

 

ただ、私が一つだけ言いたいのは、

 

本当に人体に無害であるなら

「初めて吸った時にむせる筈はない」

 

 

身体の防衛本能が働いているから煙が肺に入るのを拒否している。

なので吸うとむせる。

至極単純な発想ですね。

 

禁煙支援のブログを書いている身なので喫煙に賛同はしませんが、

嗜好品なので吸うのは個人の自由だと考えています。

もちろんマナーが悪いのはバッシングされて当然だとも考えています。

 

が、やはり臭いがクサイと感じるということ=人体に有害だと身体が判断している

ということになります。

 

臭いや味で嫌悪感を感じるというのは腐ったものや毒を体内に取り込むのを防ぐための

身体に備わった防衛手段です。

 

その人間のセンサーに引っかかる時点で人体に無害だというのは無理があるんじゃないか・・・?

というのが私が常々思っていることです。

 

もちろん、わかっちゃいるけどやめられない理論も承知しています。

 

ただ一度思い出して欲しいのは、初めて吸った時には例外なく確実にむせたはず。

なので私はこのテーマについては、議論する必要は無いと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール