喫煙者が禁煙を始めるタイミングと始め方

この記事は2分で読めます

今回のテーマは、

 

喫煙者が禁煙を始めるタイミングと始め方ときっかけづくり

 

というお題についてお話していきます。

 

スポンサーリンク

 

いきなりやめてもいいけど、出来れば最後の別れを

 

禁煙を始めるタイミングですが、もちろん早ければ早いほど良い、

ということに間違いはありません。

 

しかしこれはあくまで前提で、私が禁煙する時も中々スッパリと終わることは出来ませんでした。

そんな私が喫煙者として最後に取った行動を紹介します。それは・・・

 

気分が悪くなるほど大量にタバコを吸い上げた!

 

という頭の悪そうな方法です(笑)

いや、勘違いしてほしく無いんですけど、この方法は最後を締めくくるのにふさわしい方法で、

意外と効果は高いんですよ!(笑)

 

ギブアップするまで吸い続ける日を作る

 

この方法を実践したのは日曜日、

今まで吸っていた習慣やその他の余計な習慣もついでにやめるために、

私はこの地を訪れた・・・

 

その場所とは・・・

 

パチンコ屋(笑)

 

日本であれだけヘビーにタバコを吸って許されるところが、ここしか思い浮かばなかったんです・・・

 

用意した物

タバコ:当時吸っていたマルボロメンソールブラック4箱

 

img336

飲み物:なし!

 

ここでやることはただひとつ、

 

ひたすら吸いまくる。気分が悪くなっても4箱吸い終わるまで帰らない

 

という、今思えば過酷な試合でした・・・

ちなみに当時は一日10本くらいしか吸わなかったのでおおよそ8倍です。

さすがに8倍の量を吸って気分が悪くならないのは吸い方が悪いか体が相当病んでます。

後者であれば素早く病院に行きましょう。

 

ちなみに場所はどこでも問題ないですが、

私の場合は家が禁煙で他にめぼしいところが思い浮かばなかったのでパチンコ屋を選んだだけです。

出来る場所があるならどこでも構いません。

 

別れの日での吸い方

 

まず着席して最初の一本に火をつける前に、

たばこの箱を全て開封していつでも吸える状態でスタンバイしておきます。

用意する量は一日で吸っている量の8倍~10倍ほど。

 

まずは最初の一本に火をつけてしっかり味を堪能してください。

一本目が無くなったら続けて2本目に火をつけてしっかり堪能して下さい。

コツは根本までしっかり吸ってしまうことです。

2本目が無くなったらすぐに三本目に火をつけて下さい。途中に吸わない時間はいれないで下さい。

 

これを用意した本数が無くなるまで(私の場合だと80本)続けます。

休憩も飲み物もなしで続けて下さい。

気分が悪くなっても我慢してください。

 

全部吸い終わるころにはパチンコなんか打っている余裕があるような状態になっていません。

すぐに家に帰りましょう(笑)

 

最後の別れが終わったら次の日から禁煙スタート

 

これが私が最期の日に行った事です。

是非真似してみてください。

 

次の日は調子が悪くなるので、ここから禁煙スタートです。

 

この方法は体に負担が大きい方法なので正直あまりオススメしません。

出来るなら「この一本でやめる!」くらいの勢いが欲しいところですが、

きっかけがないと無理という人が実践出来る数少ない方法です。

 

ちなみに私はあの吸い方をしたお陰で、途中で一本吸ってしまっても禁煙が終了することはありませんでした(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール