タバコがEDの原因というのは本当なのか?

この記事は4分で読めます

どうもこんにちは、あるです。

 

今回は「タバコが原因でEDになるの?」というテーマで
お話をしていきたいと思います。

 

EDと言われると男性にとっては、自分にはあまり関係ないと思うかもしれませんね。

ですが、EDというのは誰にでもなる可能性がありますし、
EDが原因でパートナーが浮気や不倫をしてしまったり

「男性として用がない」と離婚まで発展してしまうケースもあります。

 

なので男性の知っておくべき知識と言う感じで

EDについてはチェックしておいて下さいね。

スポンサーリンク


そもそもなんでEDになるの?

 

EDが一体どういう状態なのか?ということですが
「満足に性交ができない状態」
のことをEDと読んでいます。

 

なので、
・勃起に時間がかかる
・途中で萎えてしまう
・固さがイマイチ
という状態がEDだ!ということですね。

 

 

原因は2種類

EDが起こってしまう原因というのは2種類あって
それが、
・身体的な要素
・ストレス的な要素
の2つになります。

 

 

身体的な要素というのは、
・加齢
・ホルモンバランスの乱れ

等があります。

 

ストレス的な要素というのはそのままなのですが
・人間関係
・健康状態
・金銭的不安
などなど、これらが原因でストレスを受けてしまうため
EDになってしまうという事が発生してしまいます。

禁煙とEDがどういう関係なのか?

 

禁煙とEDにはどういう関係が有るのか?を解説していきます。

タバコとEDには身体的な要素と心理的な要素の2つがあるのですが
まず最初に、身体的な要素から解説していきます。

 

身体的な要素

 

タバコというのは吸うと血流が悪くなります。

勃起というのはペニスに血液が回ってくることで固くなります。

ということは、
タバコを吸う→ペニスに血流が回らなくなる→勃起力が下がる
という流れが起きてしまいます。

 

なので、
「今日はなんだか立ちが悪いから、タバコを吸ってなんとか時間稼ぎしよう」
というのは逆効果ということですね。

 

心理的な要素

 

次に心理的な要素についてですが、
タバコを吸うとストレスを解消出来るという側面もあるので
絶対に禁煙しましょう!とは言えないです。

 

もっとも、タバコを吸って解消出来るストレスというのは
「タバコが吸えなくて発生するストレスだけ」です。

なので、根本から解決したい場合はタバコとおさらばするのがいいのですが
根本的な解決を目指していない場合であれば
禁煙する必要はないということですね。

 

 

EDになりやすい人の特徴とは

 

ここまでの要素をふまえて
EDになりやすい人の特徴を紹介していきたいと思います。

・真面目な人
・ストレス解消のための手段(趣味とか)が特にない人
・プライドが高い人
・神経質な人
・几帳面な人
・そもそもセックスしたいと思わない人

それぞれ簡単に解説していきます。

 

真面目な人

 

真面目な人というのはその真面目さ故に
ストレスを受けやすいという弱点があります。

楽天的な人であれば全然気にしないようなことでも
気にしてしまってストレスを感じてしまうということですね。

 

ストレス解消のための手段(趣味とか)が特にない人

 

溜まったストレスも解消してしまえば何も問題ないのですが
発散する手段を持っていない場合は要注意かと思います。

 

基本的には睡眠さえしっかり取っていれば多少のストレスは解消出来ますが

過度のストレスの場合は不十分になってしまうかもしれないので

自分が楽しめることを普段から探していくというのも大切です。

プライドが高い人

 

自分を貫いて生きていきたいと考えているので
かっこ悪い姿を見せるのが嫌いです。

 

なので、加齢による勃起力の低下等をパートナーから指摘されると
受けるストレスの量が多くなってしまいます。

 

神経質な人

 

神経質な人は他人の評価を気にしてしまいがちで

EDの兆候があるとそれだけで深く悩んでしまう傾向が強いです。

 

プライドが高い人との共通点でもありますが

他人に指摘されるとストレスを受けてしまうタイプなので

普段から予防していくのがベストなタイプですね。

几帳面な人

 

自分の計画したことが思い通りに進むと満足感を覚える反面
うまくいかない場合はストレスを抱えてしまいます。

 

例えば、お酒を飲みすぎてしまって立ちが悪い場合に
自分を攻めてしまって余計にストレスを感じてしまうとか
そういう感じですね。

そもそもセックスしたいと思わない人

 

これはそもそも性的に興奮しないということなので
厳密にはEDではないですが、この区分に入れています。

 

ちなみにそもそもセックスしたいと思わない場合は

加齢の場合もありますが、20代でなってしまった場合は

ホルモンバランスが乱れている場合もありますので

そういう場合は病院で受診する必要があります。

 

EDを予防するために必要な6つの事

・禁煙
・お酒を飲みすぎない
・食事を改善
・運動する筋トレ
・睡眠をしっかりとる
・サプリを使ってみる

 

どれもベタな話ですが、

よく聞くということはそれだけ重要な事だ、ということなので
こちらも解説していきたいと思います。

 

禁煙

 

こちらは先ほども解説したのですが、
根本的に解決したい場合は禁煙はした方がいいですね。

 

お酒を飲みすぎない

 

お酒は適量ならリラックス出来て良いのですが
飲みすぎると脳の機能が麻痺してしまい
勃起を起こりにくくなる原因になってしまいます。

 

食事を改善

 

EDと動脈硬化は類似する所が多いので
食事に気を使うというのは一石二鳥になります。

 

運動や筋トレをする

 

運動や筋トレをすると普段から血流のめぐりが良くなるので
こちらも意識をした方がいいです。

 

私も筋トレをやっているのですが筋トレの場合は
ストレス発散にもなりますし、男性ホルモンがガッツリ出るので
「よし!この後どこかいこうかな!」
という気分になるという利点もあります(笑)

 

EDの改善や健康を目的でやると面倒になり続けにくいですが
筋トレというのはそれ自体が結構気持ちがいいので
これは生活に取り入れるのはかな〜りオススメですね。

 

睡眠をしっかりとる

 

睡眠というのはストレスを解消するために大切な要素です。
なので、睡眠時間が少なくなってしまうと
それだけでストレスが溜まりがちになってしまいます。

 

睡眠が大事だ!というのは今更感があるのですが
ストレス発散に睡眠は重要だ!という事を覚えておいた方が良いかと思います。

 

サプリを使ってみる

 

勃起力というのは加齢で確実に下がってしまう物なので
日頃のケアで5年後10年後に大きな差が出てしまいます。

 

「いつまでも現役でいたい!」という方は
サプリを使ってみるのもいいですね。

 

これなら期間限定ですが初回無料なので

お試ししてみるのもグッドかと思います。

→オススメサプリをチェックしてみる

EDを改善するならこの2つが必要

 

ここまではEDの予防についてお話してきましたが、
「もうこれは完全にEDですわ・・・」
という場合は、

・通院
・治療薬

が必要になってきます。

 

病院でEDの相談をする場合は泌尿器科で相談をするのがいいのですが

「いや、こんなことを相談するのは嫌だ・・・」

と思ってしまう場合は薬を服用する必要があります。

 

最後に@まとめ

 

ここまで色々とEDについてうんちくをお話してきましたが
EDは一度なってしまうと自分だけの問題ではなく、
家庭環境がこじれたりしてしまう原因にもなってしまいます。

 

女性のアンケートを調べてみると
旦那や彼氏がEDになってしまったら
浮気や離婚を考えてしまうという方も結構多かったですからね。

 

なので、男性のたしなみとして
EDについての知識は知っておいたほうがいいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人のプロフィール

写真 2014-11-11 21 27 21

どうもこんにちは。

「私と一緒に禁煙しませんか?」の管理人のあるです。

このブログでは、
・禁煙するために本当に必要なことは何か?
・どうすれば楽に禁煙出来るのか?
についての情報を発信しています。

私のプロフィールについて詳しく知りたいという物好きな方はコチラからどうぞ

プロフィール