葉巻で禁煙するのはアリなのか?

この記事は2分で読めます

葉巻とお酒

どうもこんにちは、あるです。

 

今回は、
「葉巻を紙タバコの代わりにして禁煙するのはアリなのか?」
というテーマでお話をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

そもそも葉巻とは一体何なのか?

 

葉巻というのは煙草の葉をロール状にしたもので
煙を肺に入れずに、口の中で煙を転がして楽しむものになります。

 

紙巻たばことの違いといえば、
「煙草の葉100%なので、依存をさせるために添加物の入っているタバコよりは
依存性や健康への害が低いと考えられている」
というのが主な違いになります。

 

 

葉巻に中毒性はあるのか?

 

葉巻に中毒性はあるのか?というい話ですが、
煙草の葉が原料になっているので、葉巻の煙には当然ニコチンが入っています。

なので、中毒性はあると言えます。

「葉巻は肺に入れないから大丈夫なのでは?」
と思うかもしれませんが、ニコチンというのは口からの方が吸収しやすい物質です。

 

 

肺に入れずに口の中だけで煙を転がすとしても
当然ニコチンは身体に吸収されてしまいます。

 

なので、中毒性の観点からいうと、
紙巻たばこと大差はありません。

 

 

ちなみに似たような物にニコチンガムがあります。

こちらもよく聞く禁煙グッズですが、
ニコチンガムというのはタバコの代わりにガムからニコチンを摂取して
喫煙の習慣を改善していくグッズになります。

 

ですが、ニコチンガムで禁煙しようとして
逆にニコチンガムがやめられなくなってしまい
結局タバコとニコチンガムが手放せなくなった
という話も聞きます。

 

なので、私は葉巻を禁煙グッズとして使うというのはオススメしません。
葉巻よりはミネラルウォーターを飲んだ方がよっぽど楽に禁煙出来ると考えています。

 

最後に

 

タバコへの依存というのは
・ニコチンへの依存
・習慣的な依存
の2つの面から成り立っているのですが、
葉巻はその2つの両方共タバコと違いがありません。

 

 

なので、真綿でじわじわと自分の首を締めるような
結局我慢をしなければならない辛い禁煙をしたいなら止めはしませんが
楽に禁煙したいなら他の方法で禁煙した方が良いかと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。